« March 2007 | Main | September 2007 »

April 18, 2007

【双子】あったかい汁

先週の日曜、オヤジが遊びにきて、飯をおごってくれた。
近くのすし屋に行き、家族ですしを楽しく食っていた。
しゅんは店に行くまでの途上で爆睡。席に横にしても全く起きる気配が無い。
はるかは楽しそうにお子様ランチならぬお子様寿司を食っている。
手もかからず、いい時代になったと思った。
はるちゃんは自分の飯も大方食い終わると、今まで奥さんの膝に座っていたところから、私の膝に移りたいと言いだす。
うむうむ、憂い奴め。膝に抱っこをしてあげると嬉しそうにしている。
その後もオヤジなんかと色々話していると、突然私のオマタが熱くなる。
??
暖かい感触はおまたからモモへと広がっていく。止まる気配は無い。
!!
はるちゃん、、、
はるちゃんの方を見ると、屈辱に打ちひしがれたように下を向き、何も答えない。ずっと無言。
とりあえず奥さんがはるちゃんを連れて便所に行き、ズボンとパンツを変える。
ついでにズボンとパンツを奥さんに買ってきてもらう。
はるちゃんが膝の上からどくと、微かなアンモニア臭が鼻をつく。
戻ってくるまでの間、股間にははる汁が。
あったかかった汁は徐々にクールダウンされる。冷たくなる。

あー、おもらしってこんな感じだったかなあ?

そんな無意味な思い出にひたる。
奥さんがパンツとズボンを買ってきてくれるまで賞味15分といったところか。
オヤジと今後について真面目な話なんかもする。

股間を濡らしながら。

あー、こんな真面目な話をしてても、おいらはおもらしくんなんですよー

そんな無意味な考えにひたる。
奥さんからズボンを受け取り、着替えて帰宅。
最近はすっかりはるちゃんもおむつとれてたんだけどなあ。
まあひさびさの失敗だったのがオレの股間の上だった、それだけなんです。

その日、はるちゃんは自分の希望で久々に「パンツ」ではなく、「おむつ」で寝ることにしていました。
本人けっこうショックだったようです。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

April 14, 2007

【双子】はととへび

奥さんがパン屋さんのイートインコーナーにて奥様友達とランチをしているときのこと。
外で三輪車をこいで遊んでいたしゅんが血相を変えて飛び込んできたそうな。
そのまま奥さんのひざに上がり、胸元に手をつっこみ、ぱいをもみ始めた。

うちのしゅんは確かにぱいは今でも揉むものの、それは家限定の話であり、外で揉んではいけないことくらいは大体わかっている。
が、そのときのしゅんはちょっと違っていた。
奥さんを見るなり乳をめざして走ってきたのである。

奥さんが「どうしたの」と聞くと、しゅんは

「はとが…はとがへびを食べたんだよ…」

ぱいを揉みながら答える。
どうやら、はとがみみずなりを食べているのを見て強烈なショックを受けたらしい。
奥さんも「へ~そう」みたいに適当な返事で答えたそうな。
しゅんのショックは覚めやらず、その後奥さんの膝に座り続け、

「はとがへびを食べたんだよ…虫も食べたんだよ…」

と何かに取り付かれたように独り言をつぶやき続け、ぱいを揉み続けたそうな。

| | Comments (0) | TrackBack (8)

April 09, 2007

【双子】うさぎ

はるちゃんは先日コーナンに行った。
そこには動物コーナーがあり、はるちゃんはそこで特に茶色いウサギがお気に入りになったご様子。
すごいほしかった様なのだが、当然父も母も飼うつもり等毛頭無い。
「はるちゃんが幼稚園にあがって面倒を見れるようになったら飼ってみようか」
はるちゃんは後ろ髪をひかれつつもとりあえずはあきらめたらしい。

そして翌日。
はるちゃんは近くの商店街でやっているフリマでキティちゃんの財布を購入してもらう。
そこに奥さんから20円の支給が。
はるちゃんは大喜び。
財布の中を覗き込んではニコニコしている。しゅんくんに奪われそうになると半狂乱になって取り返そうとする。
そして財布の中を覗き込みながら
「このお金でうさぎ買おうね」
ずきゅーーん。はるちゃんはあのウサギにまだ夢をはせている様子。
財布を覗き込んではうさぎのことを思い出しているんだなあと思うと、なんともせつない気持ちになる。

そしてまた翌日。
はるちゃんはトイザラスでラズベリかなんかのゲームをじっと見ている。
小学生のお姉さんくらいの子が「やらせて」と、はるちゃんの見ているゲームをやり始める。
はるちゃんはじっとその様子を後ろから見ている。
するとはるちゃんは奥さんに向かって、
「お財布ちょーだい」
と言い、おもむろに中をのぞき始める。
お金を使えばこのゲームができると思った様子。
が、

「やっぱ、うさぎ買うからいい」

と言って奥さんにお財布を突っ返す。
小さな心の中で大きな葛藤。はるちゃんの情緒もどんどん成長してきてるんだなあ。
涙が出そうになりました。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

April 02, 2007

【双子】誕生日

誕生日はまだなのだが、とりあえず4/5を前に、4/1に誕生日ということにしてしまった。
「今日から3歳だよー」
と嘘を言っても平気平気。なんつってもエイプリルフールだしね。(笑

とりあえず二人には朝ごはんが終わるとプレゼント贈呈。
二人にお出かけ用リュックとしゅんにはレゴのブロック、はるにはマイメロディの自転車とクーピーペンシル。
何故しゅんには自転車が無いのかと言えば、
・本人が買う場にていらないと言った
・キャラクター物(ドラゴンボール)の自転車がまだ発売前?
というのがあり後日、となったからだ。
が、やはり想像通りはるちゃんがきこきこやってるのを見てるとやりたくなったらしい、「これ、はるちゃんのだよ!」と主張するはるちゃんを押しのけて乗ろうとするわ、
「しゅんくん、マイメロディが大好きなんだよ、だからこの自転車がいいんだよ」
とはるちゃんの自転車を奪おうとする勢い。
まあしゅんくんには後日自転車を買うということで納得してもらった。(多分)

一通り遊ばせると、今度はお出かけ。当初の予定通り、ラゾーナ川崎のウルトラマンCLUBへ。
最近は特にしゅんがウルトラマンにはまりまくり。週一くらいの勢いでウルトラファミリーか怪獣かが増えている勢い。パパがねー、ついつい懐かしさのあまりはまり始めてるってのもある。
特にウルトラマンメビウスのオールド世代のツボをついたウルトラ兄弟、怪獣の使い方がたまらない。
南隊員にうるっときたり、モロボシダンの老け方にかっこよさを感じてみたり。
というわけでウルトラマンCLUBに行くと、もうグッズがあるわあるわ。
奥さんは棚に並ぶリュックに大後悔。ちょうど昨日、今日のためにサンリオでリュックを買ってしまったのだ。
他にもふりかけだのコップだの見たことのないグッズが一杯。
まあとりあえずグッズは後にしてCLUBに突入。

中はなんてことない、ただの遊技場。特にウルトラマンらしさが引き立つわけでもない。
まあ空気砲の標的が怪獣のシルエットになってるくらい?もう少しらしいものがあるのかと思ってただけにがっかり。
奥さんがしゅんくんに、私がはるちゃんについて二人を遊ばせる。当然だけど二人とも普通に楽しくはしゃぎ始める。
すると突然警報が!どうやらアトラクションが始まるらしい。
ステージらしき場所にはるちゃんといくと、緑色の…とてもウルトラマンの怪獣とは思えない様なキャラがそこで暴れている。
なんじゃこりゃー、と思っていると、はるちゃんがそれをみて急激におびえ始める。
パパにぎゅーっと抱きつき、全く離れない。
すると、そこにゾフィーが登場!はるちゃんはそれにまで怯えている風(笑
「ほら、はるちゃん、ゾフィーにがんばれーって言って!」
「ゾフィーがんばれー…」
蚊の鳴くような声で呟いているはるちゃん。。
しゅんは怯えつつもどうやらそれなりには楽しんでいる様子。
ゾフィーに危機はあったものの、なんとか謎の宇宙人(みどりん星人と命名)を撃退。
はるちゃんを見てみると
「おうちかえろ!」のリクエスト。
しゅんはまだ平気そうなものの、どちらかといえば外のグッズが気になっている様子。
結局そこで切り上げることに。

帰りの会計をすませていると、いつの間にかしゅんがメビウスの人形を隣の会計のお姉さんに渡してみたりして。知恵がついてきたのお。
結局そこではしゅんのメビウスの人形、ふりかけなんかを買い込み(笑、その後はるちゃんにはぷりきゅあちゃんの人形を買い込み。
最後は川崎行けばいつもよっている串揚げ食べ放題のお店へ。

はるちゃんもしゅんくんもソフトクリームばかりを鬼食べ。超ご機嫌に。「はるちゃんはアイスが一番好きなんだよ~」とか。
しまいにはソフトクリーム作るだけ作らせておいて
「いらない、パパ全部食べていいよ」
とはるちゃん。ふざけんなー!

結局家に帰ったのは9時過ぎ。こっちはもうへとへとです。
楽しんでもらえたでしょうかねえ。。
本当は君らはまだ二歳なんだよ。くくく

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« March 2007 | Main | September 2007 »